ブログ

blog

2022/01/23

恋愛依存症と親との関係

先日、恋愛依存症だった知り合いとの話の中で、改めて思ったことがあったので、今回ブログでお話ししますね。
100%そうではないけど、大半の方がそうだと思うのですが、恋愛依存症の原因って、子供の時毒親に育てられてることによって引き起こされます
幼少期のトラウマが、大人になっても心の奥底にずっと残っていて、恋愛依存へと発展してしまうのです。

どうして、親から愛されていないと恋愛依存症になってしまうのか。
愛されずに育ったので愛に飢えている
子供の頃の自分を救おうとしている
親の代わりとなる愛を再現しようとする

人は誰かから愛されたいと思う生き物です。無意識レベルで愛してほしいと感じてしまう。だから、子供の頃に愛されずに育つと、大人になってもそれを引きずってしまうのです。
もっと愛してほしいっていう満たされない欲求が、恋愛依存症の原因となります。

子供の頃に愛されなかったことは、ひとつのトラウマと言えます。
このトラウマを乗り越えようとして、自分を愛してくれない男性と付き合って、過去のトラウマを再現するのです。つまりダメ男と付き合うことで、過去の自分を救おうとするのです。スピリチュアル的に言うと、ダメ男を自分自身で引き寄せてしまっているのです。

相手のことを変えるのは、自分を変えることよりも難しいこと。つまり、ダメ男を変えようと思って、いくらあなたが頑張っても、簡単に変わらないし、愛してくれるようにはならないのです。
愛されたい→ダメ男と付き合う→でも愛されない→苦しい→今度こそ乗り越えてみせる→またダメ男と付き合う→やっぱりダメ→………地獄のような負のループにハマってしまいます

親から愛されなかった以外にも原因はあります。
たとえば、父親が亭主関白の家庭だと、女は男を立てるもの!と無意識のうちに父親の価値観が刷り込まれているので、ダメ男に引っかかっても大和撫子のようにおしとやかに振る舞ってしまったり、父親のような男性を恋人に選んでしまう傾向にあります。
子供の頃に作られた価値観は、心の奥底にこびりついて、そう簡単には変わりません。

恋愛依存症の原因は親が原因です。なんでこんな親の元に生まれてきたんだろうって思うこともあるかもしれません。
恋愛依存症は一生治らないものなの?って思う方もいるかもしれません。
でも、あなたの心の奥底のトラウマや親子関係の傷を少しずつ癒してあげれば、恋愛依存症は克服することができます。
恋愛依存症だった毒親に育てられた私も、私の知り合いの女性も、ちゃんと克服することができました。

大田区のカウンセリングルーム、Luanaヒーリングサロンでは、恋愛依存症を克服するワークもやっていますので、私と一緒に恋愛依存を克服しませんか?
恋愛依存症でお悩みのあなた、お気軽にお問合せくださいね。
いつでもお待ちしております。 

恋愛依存症と親との関係
恋愛依存症と親との関係